snooze.

自分語りしかない

わたしのことしか書いてない

なんだ昨年のお誕生日エントリは。メンヘラオタクか?

いや~~~~~不安定だったな昨年は!!!わたしが!!!!今が安定しているかと言われたら別に……ですが………
ほぼわたし自身の抱えていた問題のせいなんだけど、E!初日後ホテルでフォロワーに管をまくわ感想はかけないわREQUEST2でM1~3までぶっ通しで滝のように涙は止まらないわ帰りの電車でもフォロワーに管をまくわ泣き出すわ帰って布団を涙と鼻血まみれにするわフォロワーに自殺を心配されるわ
大変お世話になっておりま~~~~す

もうすぐツアーだな……とおもってここ1年で感じていることをすこし残しておこうかなのエントリ。だれがみているかも知りませんがポジティブを書いているわけではないのでアレなかたはタブを閉じてください。

 

「わたしってみやのさんを追いかけなくなったら誰のことを追いかけるんだろう」と考えることがたまにある。(別に誰かを追いかけていないと生きていられないというわけではないと思うけど)それはたぶん人に限らずみやのさんと同じくらい好きなものが増えてきたこととあとまあ思い過ごしであってほしいと思うたまの不穏な空気からなんですが、やっぱり昔から求めているのは「笑い」と今は加えて「安心」なんだなと思う。不安になるスキがないひと、作品に惹かれている気がする。創造する人間の信念の揺らぎが見えないもの、影の色が薄いものが好き。自分のことでまいにち不安しかないんだもん、取り繕ったものでくらい安心を見たい。
あとはみやのさんがわたしの「柱」ではなくなってきた気もする。そばにあってほしいしまだまだ見ていたいけどなくてはならないわけではないような……?
まあ昨年よりはわたしが「寿命……寿命……」と唱えてきたものの正体がわかってきたような感じがしていて、だいぶ安心して好きでいられるな、とおもっている。と言いつつもツアー始まってみちゃったら手のひらが回転してねじれにねじれていることもありますが。距離感というものは本当に難しいくせにいちばんと言っていいほど重要だからおれはコミュニケーションというものが苦手なんだ…………

 


見える部分、見えない部分の大きさについて考えているんだけど役者とファンという特殊な関係上、役者側が意図的に見せない部分のほうが明らかに大きいんだろうと思ってきた。あくまで仕事だから。割り切り、ではなくて戦略と予防だと思いたいが。安心もつけてくれるとなおうれしいです。ただなんか両者ともにそこの前提がないことで苦しむこと、昨今いろんなところで見すぎていて。わたしもしょっちゅう間違えた…と思うし。もうやめにしたくないか?と思うけど、こちら側の「好き」のコントロールってほんとむっつかしくて、時には矢になっているそれに全く気づかないんだよな……いつだってわたしが見ているのは側面であり、いっぽうの見ることがない側面には足を踏み入れたくないという信念を胸に刻んで生きていきたいけど、勝手に揺らぐときもあるし片足だけ足を持たれてヨーーイショと踏み込まされるときもある。それ以上の侵入は許されないのでこちらも笑って許しはしないがそれでも最後には愛おしさを感じてしまうので結局わたしが好きになったのはずるくてかっこいい、愛をおしえてくれるひとなんだ、というどうしようもなさを感じてそれがきもちいいんだよね。あーーーあ。わたしの好きは簡単には逃げられない好きだと発覚してしまったうえにそれを10年以上続けてきたと思うとこれが性ですと言いたくなるのも無理はないかもしれないな。

 

 

なんだろう ツイッターより 書きやすい